Home » Tsuioku by Ryūnosuke Akutagawa
Tsuioku Ryūnosuke Akutagawa

Tsuioku

Ryūnosuke Akutagawa

Published
ISBN :
Kindle Edition
18 pages
Enter the sum

 About the Book 

大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の晩年の随筆。初出は「文藝春秋」[1926(大正15)年4月1927(昭和2)年]。随筆評論集「侏儒の言葉」[文藝評論社、1927(昭和2)年]に収録された。芥川が4歳の頃から中学生までの断片的な記憶を44節に分けて綴った作品。芥川の幼少期を見るだけでなく、幼少期の記憶がいかに芥川文学の基底に影響しているかを考察する重要な資料的価値がある。More大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の晩年の随筆。初出は「文藝春秋」[1926(大正15)年4月~1927(昭和2)年]。随筆評論集「侏儒の言葉」[文藝評論社、1927(昭和2)年]に収録された。芥川が4歳の頃から中学生までの断片的な記憶を44節に分けて綴った作品。芥川の幼少期を見るだけでなく、幼少期の記憶がいかに芥川文学の基底に影響しているかを考察する重要な資料的価値がある。